バストアップ手術とその内容について

バストアップ手術 内容

バストアップ手術とその内容について
自然で豊かなバストは魅力的です。バストアップの手術には種類があり、ヒアルロン酸による豊胸や、人工乳腺バッグを入れる方法、自分自身の脂肪を注入する方法などがあります。内容をよく知って、納得した方法でバストアップの手術を受けることが大切です。
ヒアルロン酸によるバストアップは、メスを使わずにヒアルロン酸を注入して、バストの形や大きさを整える方法です。効果は約2年間続き、もともと体内に含まれる成分であるヒアルロン酸を使うため、アレルギーの心配がなく、安全性の高い方法です。
人工乳腺パッグを入れるバストアップは、やわらかく自然なさわり心地のバッグを入れる手術をします。希望のサイズを選ぶことができ、効果もずっと続きます。手術をするので、1週間程度、筋肉痛のような痛みがありますが、最近は、傷口が残らない手術用のボンドを使うことができ、日帰りができるところがほとんどです。
脂肪注入によるバストアップは、自分自身の余分な脂肪を使うため、自然で違和感がないのが特徴です。自分の脂肪なので、身体的な負担が少なく、術後に鈍い痛みがあることがありますが、一週間程度でおさまります。

手術費用を聞いてみよう!定評のある美容外科・クリニック紹介

池田ゆう子クリニック
池田ゆう子クリニック

湘南美容外科クリニック
湘南 美容外科 クリニック

東京ISEAクリニック
東京ISEAクリニック

Copyright(c) 2014 バストアップ手術@豊胸手術するなら All Rights Reserved.