バストアップ手術とその痛みについて


バストアップ手術 痛み


バストアップ手術とその痛みについて
美容外科などで受けられるバストアップ手術は、バストが小さくて悩んでいる女性の救世主として大変人気があります。近頃は医療技術の進歩によって昔よりも自然で体に優しい手術方法が生み出されているため、一般の女性でもあまり抵抗感を感じずに手術を受ける人が増えています。
バストアップ手術を受けようか考えている人は、バストに生じる痛みがどの程度なのか不安に思う人も多いでしょう。どの程度痛みがあるのかというと、選択した手術方法によって大きく異なります。
注射でヒアルロン酸や脂肪、幹細胞などを注入する方法ならば術後は軽い筋肉痛くらいで住む場合が多く、針を刺すだけなので傷部分の痛みもほとんど気にならないでしょう。
シリコンなどのバッグを皮膚下や大胸筋の下に挿入する手術方法の場合は、術後にかなり強い痛みを感じることが多く、痛み止めを処方されます。術後数日間は安静にして体を休め、少し落ち着いたらワキ部分の引っ張り感を治すためにストレッチを行わなければなりませんが、このときもかなりの痛みを感じることがあります。しかしそれらを乗り越えてこそ自分の希望するバストアップが実現できるため、夢の代償と思えば安いでしょう。


手術費用を聞いてみよう!定評のある美容外科・クリニック紹介

池田ゆう子クリニック
池田ゆう子クリニック



湘南美容外科クリニック
湘南 美容外科 クリニック


東京ISEAクリニック
東京ISEAクリニック



Copyright(c) 2014 バストアップ手術@豊胸手術するなら All Rights Reserved.