バストアップの手術とアフターケアについて


バストアップ手術 アフターケア


バストアップの手術とアフターケアについて
バストアップの手術を受けた後は、アフターケアをしっかり行わなければいけません。

バストアップの手術の中で、代表的なものはシリコンバック挿入術です。
この施術は、術後のアフターケアをしっかり行わなければ胸が張ったり、痛みが続くことがあるので注意が必要です。
術後2日~3日は絶対安静が必要です。
体への負担が大きい仕事をしているときは、数日休んだほうが良いでしょう。
抜糸までは、シャワーだけにし、抜糸をしたら、マッサージを始めなければいけません。
2週間くらいは腫れや痛みが続くので、下着はなるべく圧迫がないものを使用しましょう。

自分の脂肪を吸引して胸に注入する脂肪注入もアフターケアの方法は同じです。
激しい運動は避け、2~3週間は安静を保ち、しっかりマッサージを行うようにしましょう。
マッサージを行うことで、脂肪の定着が良くなり、脂肪の石灰化を防ぐことができます。

術後のケアについては事前に説明があるので、しっかり聞いておきましょう。




定評のある美容外科・クリニック紹介

池田ゆう子クリニック
池田ゆう子クリニック



湘南美容外科クリニック
湘南 美容外科 クリニック


東京ISEAクリニック
東京ISEAクリニック



Copyright(c) 2014 バストアップ手術@豊胸手術するなら All Rights Reserved.